So-net無料ブログ作成
検索選択

【風】世界相手に闘志見せて(産経新聞)

 1勝もできずに1次リーグ敗退が決まり、悔しさだけがつのった前回ドイツ大会から4年。日本代表はいよいよ今夜、カメルーンとの初戦を迎える。

 だが、指揮官がベスト4という高い目標を掲げるのとは裏腹に、これまで当欄に寄せられた意見では「過度の期待は禁物」といった控えめな言葉が目立つ。

 《世界の強豪が集うW杯で、私が望むのは1勝です》とつづったのは、日本代表を応援し続けてきたという大阪府の主婦(33)。4強という目標については《選手に対するゲキだと考えた方がいい。日本はプロリーグ発足から20年もたっていないサッカー後進国。もっと日本の実力を冷静にみるべきだ》と唱える。

 確かに、今回1次リーグで対戦するオランダデンマークの欧州勢に比べ、国内プロリーグの歴史は浅い。カメルーンはそれほど国内リーグが盛んではないが、代表メンバー23人中22人がレベルの高い欧州リーグでプレーしている。

 W杯での成績も、日本は自国開催だった2002年を除けば1勝もしていない。英国のブックメーカーがつけた優勝国予想の最新オッズは、出場32カ国の下から5番目となる約400倍。世界の評価は低い。

 《メッシは「母国のため、家族のため、チームのために戦う」と意気込んでいた。こういう闘志を日本選手に全試合で見せてほしい。それができれば、全敗でも恥じることはない》。会社員の男性(24)は、アルゼンチンのスーパースターの言葉を引き合いに出し、日本選手へげきを飛ばす。

 総じて読者の意見は、お世辞にも調子がいいとはいえない日本代表について、冷めた見方が目立つ。それでも、大阪府高槻市の男性(48)が《日本サッカーの魅力は、なんといってもワンタッチの素早いパス回しに代表されるスピード。これがシュートまでつながれば、かなりいいところまでいくのでは》と記したように、期待を寄せる声もある。

 日本代表に対するさまざまな思いはあるにせよ、本番の大事な初戦。まずは一丸となって、ファンが期待する1勝を手にするよう応援しようじゃありませんか。(一)

慢性肺疾患で検討会=桂歌丸さん委員に―厚労省(時事通信)
<雑記帳>完走者はコシヒカリ食べ放題 新潟・南魚沼(毎日新聞)
【科学】「ブレ球」に迫る 無回転シュート ボール後方に渦(産経新聞)
国会閉会、7月11日参院選へ(読売新聞)
おぼれた女性1人死亡、2人が重体 千葉(産経新聞)

長谷川穂積「世界一強い父、再び見せたい」 ベスト・ファーザー賞に8人(産経新聞)

 父の日(6月20日)を前に、各界を代表するすてきなお父さんを選ぶ「ベスト・ファーザーin関西 イエローリボン賞」(日本メンズファッション協会など主催)の授賞式が2日、大阪市北区のホテルで開かれ、元WBCバンタム級王者の長谷川穂積さん(30)ら8人が選ばれた。

 他の受賞者は、荒井正吾・奈良県知事▽佐藤茂雄・京阪電気鉄道CEO▽松澤佑次・住友病院院長▽徳岡邦夫・京都吉兆嵐山本店総料理長▽歌手の谷村新司さん▽プロ野球・楽天の田中将大投手の父、田中博さん▽野球解説者の東尾修さん。

 授賞式で、4月に11度目の防衛に失敗した長谷川さんは、「剣玉に失敗すると、子供から『試合に負けたからだ』と言われ、精神的に強くなった」と会場を沸かせながらも、「『世界一強い父親』と言ってもらえるよう、父親修行もしたい」と王者奪還に意欲を示した。

 また、娘の理子さんの結婚式を控えた東尾さんは「娘をとられるような感じだが、親子のきずなのほうが強い」と、新郎の石田純一さんに対抗心を燃やしていた。

【関連記事】
東尾修さん「親子のきずなのほうが強い」 ベストファーザー授賞式
長谷川があご骨折…歴史的“統一戦”実現の裏側
前WBC王者の長谷川、再起はバンタム級で
石田純一、遼にアドバイス「恋愛絶対必要」
“中古”純一を選んだ理子に東尾パパは…ガリバー 
「はやぶさ」帰還へ

看護師、患者のクレジットカード盗み買い物(読売新聞)
<窃盗未遂容疑>非番の警察官宅に侵入…取り押さえられる(毎日新聞)
【50億キロの旅路 「はやぶさ」帰還へ】(下)挑戦の数々ほとんど達成(産経新聞)
代表選は4日、会期延長せず 小沢氏ら執行部も辞任(産経新聞)
大阪府立大で2人組強盗 未明、院生を羽交い締め(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。