So-net無料ブログ作成

「援デリ」運営の高校生逮捕 少女ら使って1千万円売り上げ(産経新聞)

 インターネットの掲示板で援助交際相手を募って少女らを紹介する「援デリ」を運営したとして、警視庁少年育成課と碑文谷署は児童福祉法違反(淫(いん)行(こう))と売春防止法違反(周旋)の疑いで、住所不定、私立高校2年の男子生徒(18)を逮捕した。同課によると、男子生徒は昨年3月から18歳未満の少女ら約25人に売春させ、計1千万円を売り上げていたとみられる。

 同課によると、男子生徒は「金持ちになって折り合いが悪くなった同級生を見返したかった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は昨年11月16日、都内の私立高校1年の女子生徒(15)が18歳未満と知りながら、品川区の会社社長の男(38)に紹介し、台東区上野のホテルで女子生徒に4万円でわいせつな行為をさせたとしている。

 同課によると、男子生徒は携帯電話のネット掲示板に「1日3万円以上稼げる仕事を紹介します」などと書き込み、少女らを募集。およそ1回2〜3万円でわいせつ行為をさせ、うち少女らには1万5千円を手渡していた。

 男子生徒は昨年3月に山口県から上京し、風俗情報雑誌で援デリの特集記事を読み、犯行に及んだという。

【関連記事】
急成長する「援デリ」の“うまみ”と“落とし穴”
「事業計画書」作り「援デリ」運営 容疑で無職の男を逮捕
「援デリ」少女、半月で35万円超稼ぐ 経営者ら逮捕
「援デリ」派遣容疑で逮捕 少女に「実技テスト」の疑いも
「援デリ」大学生ら逮捕 少女に売春させた疑い
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

いちよし証券元課長を逮捕=高齢女性から7000万超詐取容疑−警視庁(時事通信)
「解散は国家戦略ではない」直嶋経産相(産経新聞)
<トミカ博>「40年の歴史」展示 大阪で開幕(毎日新聞)
常用漢字表196字追加、見直し案を大筋了承(読売新聞)
殺人容疑で男4人再逮捕=公園前路上の男性遺体−警視庁(時事通信)

トキ 雌が卵1個を巣の外に捨てる 残る2個にふ化可能性(毎日新聞)

 環境省は22日、新潟県佐渡市で巣に卵があるのが確認された放鳥トキのペアのうち、雌がくちばしで卵1個を突き刺し、巣の外に捨てたと発表した。巣にはまだ2個以上が残っているとみられ、ひながかえる可能性はあるという。

 環境省によると、ペアは08年に放鳥された3歳の雄と、09年放鳥の1歳の雌。捨てられた卵が有精卵か無精卵か、何番目に産んだものかは不明。雌はその後も卵を温める「抱卵」行動を続けている。

 環境省佐渡自然保護官事務所の笹渕紘平自然保護官は「飼育下のトキでも卵がふ化しない無精卵だったり、有精卵でも成長しなかったときには捨てることがある」と話している。【畠山哲郎】

【関連ニュース】
トキ:新たに1組産卵か 3組目に 環境省が発表
トキ:ペア1組「抱卵」放棄か 新潟・佐渡
環境省:雄のテン1匹を捕獲と発表 トキ襲撃かは不明
トキ襲撃:犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡
放鳥トキ:卵は2個 別のペアも産卵か…新潟・佐渡

30、40歳代引きこもり珍しくない 「高年齢化」にどう対応するのか(J-CASTニュース)
<裁判員裁判>自殺未遂の長男刺殺…結審 求刑、下限の5年(毎日新聞)
客待ちで口論 客乗せたまま相手のタクシー運転手引きずる(産経新聞)
<宇宙庁>創設を提言…前原担当相の私的会議(毎日新聞)
【チャイム】東大門670年ぶりに開門 解体修理のため(産経新聞)

火山噴火 ぐったり 空港寝泊まり150人(毎日新聞)

 「いつになったら飛べるのか」−−。アイスランドの火山噴火の影響で欧州に飛ぶ日本発着便も航路が断たれて、19日で5日目を迎えた。空港で足止めされベンチなどで寝泊まりしながら運航再開を待つ外国人が徐々に増え、同日、成田国際空港で約100人、関西国際空港でも40〜50人が朝を迎えた。成田だけでもこの日、出発、到着合わせて運航を取りやめたのは44便。旅行者の疲れといら立ちが目立つ。

【写真特集】アイスランド火山噴火

 午前5時、成田国際空港第1ターミナルの出国ロビー。一斉に照明が点灯し、ベンチや床に横になった旅行客が眠そうに目をこすりながら起きあがる。さっそく、帰国便を確保しようとパソコンや携帯電話を使って必死に情報を求める人も。チェックインカウンターには、まだ係員が来るまで1時間以上あるというのに、運航状況を問い合わせようとする乗客の長い列ができた。

 気象条件による欠航では原則として航空会社は宿泊提供義務を負わない。乗客の中には周辺のホテルに自費で宿泊している人もいるが、格安旅行の旅行客には想定外の出費になる。

 フランスから1週間の予定で京都や広島を観光に訪れた電子部品販売会社員、ボリス・ソロミックさん(24)は搭乗予定だったエールフランスのパリ行きが飛ばず、17日からロビーに滞在。「アジア、中東経由での帰国も考えたが、運賃が高すぎる。予約できたのは30日のフライト。安く宿泊できる方法がないかフランス大使館に相談してみる」と途方に暮れた様子。「非常にストレスを感じる。ヨーロッパの空港で簡易ベッドや軽食が用意されたというニュースも目にした。対応が全然違う」と不満を訴えた。

 2週間の休暇を日本で過ごし、リヒテンシュタインへ帰国するためにルフトハンザドイツ航空のミュンヘン行きの搭乗を待つ高校教諭のピーター・ブッシェルさん(44)は、19日が新学期の初日だった。「メールで勤務先に状況を伝えた。航空会社に聞いても『再開のめどは分からない』と繰り返すだけ。日本の桜は素晴らしかったのに、最後にトラブルに巻き込まれて参った」と疲れた表情。「ニュースを見たり、航空会社のサイトを見るためにインターネットを使いたいのだが、空港のパソコンは料金が高いので困る」と話した。【山田泰正、酒井雅浩】

【関連ニュース】
火山噴火:スペインで全空港再開
アイスランド:火山噴火 航空規制長期化 業界減収185億円に 運航再開の動きも
アイスランド:火山噴火 火山灰、影響多方面に バラ市場、医療にも
ニュースがわかる「火山の国に暮らす」

障害者死亡、逆転で労災認定=「判断基準、健常者とは別」−名古屋高裁(時事通信)
<日韓議連>新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から(毎日新聞)
27日から「特別展 龍馬伝」江戸東京博物館(産経新聞)
<薬師寺>映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)
郵便受け物色を専門、窃盗100件以上(読売新聞)

<参院選>タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)

 今年夏の参院選大阪選挙区(改選数3)に民主党公認候補として立候補するタレントの岡部まり氏(50)が14日午後、小沢一郎幹事長と共に大阪市内で会見する。民主党は同選挙区で、現職の尾立源幸氏(46)=1期目=を既に公認候補として発表しており、同党からは2人目。89年から朝日放送の人気番組「探偵!ナイトスクープ」に秘書(アシスタント)として出演。過去にも旋風を起こしてきた「大阪タレント票」の行方に、各党は戦々恐々としている。【堀川剛護、佐藤慶、平川哲也】

 同選挙区には、尾立氏のほか▽自民現職の北川イッセイ氏(67)▽公明新人の石川博崇氏(36)▽共産新人の清水忠史氏(41)▽社民新人の大川朗子氏(52)らが立候補を予定している。

 大阪選挙区では01年以降、3回連続で民主、自民、公明が議席を分け合ってきた。民主府連は、2人以上の改選区には複数候補を立てる党方針に従い、昨年10月、大阪選挙区からの2人擁立を決めた。労働組合を中心に組織的な支持基盤を持つ尾立氏との「共倒れ」を避けるため、無党派層にも人気があるテレビ出演者を中心に人選していた。岡部氏は長崎県出身。

【関連ニュース】
岡部まり氏:民主から出馬へ 参院選・大阪
参院選:「第三極」で明暗、たちあがれ日本とみんなの党
みんなの党:参院選比例に前杉並区議を擁立
参院選:三原じゅん子さん出馬に意欲…がん体験生かしたい
自民:参院選岩手で県議を公認

防衛相「(米軍施設は)迷惑施設」 参院外防委で(産経新聞)
美濃まつり 和紙の里に力強く春の声 華やか「花みこし」(毎日新聞)
<日弁連>派遣法改正案の問題点指摘…参院議員会館で集会(毎日新聞)
<火災>民家全焼 女性1人死亡 岐阜・各務原(毎日新聞)
阿久根の張り紙はがし免職、地裁が処分取り消し(読売新聞)

<出資法違反容疑>石油輸入販社役員らを逮捕 広島県警など(毎日新聞)

 インドネシアでの石油採掘事業を巡る出資法違反事件で、広島、熊本両県警の合同捜査本部は4日、石油輸入販売会社「ジャパンエージェンシー」(熊本市)取締役、田添正太郎(72)=同市新土河原2▽同社勧誘員、西尾つたゑ(65)=兵庫県朝来市和田山町竹ノ内=の2容疑者を同法違反(預かり金の禁止)容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は、2人は社長の永野衛容疑者(64)=同法違反容疑で1日逮捕=と共謀。田添容疑者は03年11月〜08年8月、香川県の自営業女性(56)ら5人から計1億2300万円を、西尾容疑者は05年5月〜08年8月、兵庫県の店員女性(42)ら2人から計2950万円を、それぞれ違法に出資させたとしている。

 捜査本部によると、田添容疑者は約15年前から同社の運営に携わり、会計担当として永野容疑者とともに業務全般を統括。西尾容疑者は約10年前から出資し、勧誘もしていた。【中里顕】

【関連ニュース】
出資法違反:ゲーム開発で100億円集金か 愛知県警捜査
出資法違反:手配の男逮捕 バンコクで不法滞在容疑
出資法違反:架空話で100億円集金? 都内ゲーム関係会社捜査−−愛知県警
石油輸入販売会社の出資法違反:容疑で数人立件の方針−−広島県警
出資法違反:違法出資1億円募る 容疑で熊本の社長逮捕−−広島県警

CO2削減義務づけ、東京都が1300事業所に(読売新聞)
Microsoft、「Silverlight 4」のRC版をリリース
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏(産経新聞)
「ママの星」山崎さん打ち上げ 宇宙にも吹く、女性進出の風(産経新聞)
医師会に配達の鉢植え出火、自然発火の可能性(読売新聞)

「コメントは不可能」=長官銃撃時効でひかりの輪(時事通信)

 国松孝次警察庁長官(当時)銃撃事件の時効成立を受け、オウム真理教から脱会した上祐史浩前代表が率いる「ひかりの輪」は30日、内部調査の結果、教団の関与は不明だったとして「コメントは不可能」との文書を発表した。
 ひかりの輪は教団の継承団体ではないと強調。警視庁が教団信者を容疑者グループと断定したことにも「当否を論じることはできない」とした。 

【関連ニュース】
【特集】国松警察庁長官銃撃事件〜ついに時効!〜
〔写真特集〕地下鉄サリン事件
〔用語解説〕「地下鉄サリン事件」
「教祖意思で組織的テロ」=異例の捜査概要公表
「教団思想と合致」=長官銃撃で上祐前代表

トヨタ紡織、会長にダイハツの箕浦社長(レスポンス)
小沢氏「同志と連携、今後もやっていく」(産経新聞)
<訃報>宇梶輝良さん77歳=国学院大前理事長(毎日新聞)
<広島市>五輪予算が復活 臨時議会で全額削除案を否決(毎日新聞)
空き巣のベランダから隣へ 新手の空き巣横行 昨年から大阪市内で20件(産経新聞)

誤った先入観で取り調べ=DNA鑑定過信、自白迫る−足利事件の捜査検証(時事通信)

 1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無期懲役確定後の再審で菅家利和さん(63)の無罪が確定したことを受け、警察庁と栃木県警は1日、捜査の検証結果を公表した。当時導入間もなかったDNA型鑑定を過大評価して、誤った先入観で虚偽の自白に追い込んだとし、「自白のみを求める姿勢で取り調べをしたのは誠に不適切だった」と結論付けた。
 警察が個別の事件を検証、問題点を公表するのは2008年1月の鹿児島県議選買収無罪、富山女性暴行冤罪(えんざい)の両事件以来3例目。
 検証報告書によると、捜査幹部や捜査員は、当時のDNA型鑑定の精度に対する理解が不十分なまま、警察庁科学警察研究所の鑑定で、被害女児の下着に付いた体液と菅家さんの型が一致したとの結果を重視。「ほぼ間違いなく菅家さんが犯人だろう」との誤った認識を持った。その結果、菅家さんの虚偽自白で説明できなかったり、裏付けが取れなかったりする部分について、事件から約1年半が過ぎたことによる記憶違いなどと安易に判断し、矛盾点を吟味する捜査を怠った。
 意図的誘導や供述の押し付け、暴行は見受けられないとした。一方で答えに詰まる菅家さんに対し、捜査員から積極的に事実を確認する取り調べをし、期待する供述が得られるまで繰り返し質問したことがうかがわれると言及。「菅家さんが迎合する可能性に留意しなかった」とも指摘した。
 捜査態勢では、供述内容をチェックする立場の捜査主任官が取り調べを担当し、信用性の検討が不十分だったとした。
 科警研のDNA型鑑定については、当時の技術レベルでは適正に行われたが、一致の根拠となったネガフィルムの記録が保管されていない点などを問題に挙げた。 

【関連ニュース】
〔用語解説〕「足利事件」
長官銃撃、「一種の冤罪」=警視庁を批判
再審無罪で支援者集会=冤罪被害者も参加
「謝罪あり納得、感無量」=笑顔で会見
「真実の声に耳傾けず」=裁判長、起立し謝罪

福島氏、閣僚懇でホワイトビーチ案を批判(産経新聞)
国からの民間派遣137人=10年間の交流実績報告−人事院(時事通信)
旭山動物園を全国一に…小菅名誉園長退任へ(読売新聞)
首相の元金庫番、力無く陳謝「力を見せたかった」(読売新聞)
首相支える姿勢強調=岡田外相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。